現在のラグビー界を知ろう

ラグビーにはプロがあるのかなど、日本のラグビーについてとても興味がある人は多いでしょう。
女子オリンピックにラグビー女子日本代表が出るとされていてからは、人気も知名度や関心も上がってきています。

ここではどんな風にラグビーの現場を捉えられているのか書いていきます。少し暗い現状にも見えますが、明るい未来もありますので。

プロはどうなっているのか?

日本には正式なプロの選手が活躍できるリーグ戦やトーナメントカップというものは存在していません。残念ですが、社会人の中でリーグを続けていくか、プロ契約をしてその企業に所属してラグビーに打ち込むかのどちらかになります。

まず、ラグビー・トップリーグというものが社会人リーグの総決勝戦のようなものなので、アマチュア・プロは関係なく参加できるようになっています。トップリーグを野球のペナントレースやJリーグのシーズンなどにしていけば、うまくラグビーの面白さが分かってくれればラグビー人口の増加とともに、ラグビーファンも増えいていく傾向にあるのではないでしょうか。

プレイヤーの人口は?

プレイヤー人口は日本の中でも多くいる段階です。ただし、社会人チームがほとんどなので仕事をしながらラグビーをするといった生活を送っている選手がほとんどですね。

今後は競技人口の増加とともに、本格的なプロ化が行われるようになる。ラグビーの世界大会で大きな結果を出すことが出来れば、興味をもって夢ある少年・少女たちがラグビーに打ち込んでくれるのではないでしょうか?

日本のラグビーの現状は?

プロ化されてリーグを持ったりシーズンをテレビ放送で撮ってもらえるくらいの人気がないと厳しいでしょう。

しかし、着実に世界の戦いへのランキングも上がってきていますし、後は人気の持ち上げていくやりかたになってくるのではないかと考えています。大きな世界大会で結果を出す。メディアで放映される。社会人チームの上にプロチームを作るなどをすれば、意外と早くラグビーがメジャーなスポーツになるのではないかと思いました。