次の世代に夢を託してモチベーションをアップさせてくれる

大学を卒業、働き始めてからラグビーをやりだした人もいるでしょう。現在でも運動の一環としてラグビー活動をしている方の体験談があります。このままラグビーを続けていってどうなのか?という悩み。ラグビーをやることにメリットはあるのかどうかなど。
詳しく理解したい方はぜひ参考にご覧になって下さい。

仕事のストレスを趣味で発散!

仕事のストレスはたまりません。しかし、それを全てラグビーのエネルギーに変えてますね。社会人リーグで良いところまで上がれたり、スカウトの人の目に止まることが出来れば、さらに日本代表とか大きな役割を任せてもらえるのでしょうね。そうなると業務免除で打ち込むことが出来ると聞きました。ラグビーメインでやっているので、やるからには本気でやろうと思っています。色々なストレスとか背負っているものに、やらなければならない理由とかを考えていると自然とヤル気やモチベーションが湧いてきますから。

いつまでも健康に気を使っていられる

大人になってもスポーツをしていない人を見ると、中年のビールっぱらだし自分たちよりも老けて健康的に見えなかったです。自己管理が出来る上に楽しめるスポーツをしていると、常に健康に気を使っているので重い病気にかかるような心配がありません。お酒の飲み過ぎや喫煙などもやめて、栄養素やどれが脳・運動に効果があるのかなど。妻と勉強しながらレシピを考えています。

大人になるほど若い子の成長が羨ましい

上手さはまだまだでも、いずれ抜かされる時が来るのかなと考えるとちょっとガッカリしますね。負けないためにも必死ですけど、やっぱり若い子は体も元気だし飲み込みが早いです。いい環境に社会人リーグでテクニックや経験を積めば、もっと日本のラグビー業界は発展するのではないかと思ってしまいますね。

もう次の世代に夢を託して、肉体年齢にも限界があるのでこれからは、下の子をもっと伸ばしていきたいなと考えていますね。

といったように、若くても何歳になっても楽しく出来るスポーツと言えます。

You may also like...