ぶつかり合いの激しいタックル

ラグビーの練習内容などが気になる人がいるので書きます。心づもりしていて欲しいのが、ラグビーは決して甘くはない練習内容だということ。これを乗り得ることが出来るようになって、継続できればどんな事でも続けられる。忍耐力、継続力が身についていくのではないかと思います。

練習方法はどんなものなのか?

部活動のグールプやチームによっては練習方法が全く違ってきてしまうということになりますね。監督・コーチという人がそれそれ違うのですから、当然のことですよね。ラグビートレーニングには様々な練習方法、テクニックを身につけることで上達が早くなるでしょう。

ラグビーのタックル練習は辛い!?

色々と練習をしますが、基本となるのはタックルになるでしょう。ボールを持っている時は相手のタックルから逃れなければなりません。守りの場合は、相手をタックルしてボールを奪いに行くのですから、かなり痛みを最初は覚えるのではないかなと感じます。しかし、慣れてくればかなり楽になってくると聞いて言います。タックルよりも普段の練習のほうが断然疲れることが分かってくるからです。

基本を覚えることに対してはそこまで辛さというものはないようですね。
戦術やテクニックを使う練習の場合に使うタックルは実戦向けなので、少しつらいのではないかなと感じます。

トライの痛さや辛さ

トライの痛さや辛さもぶつかるのと同じで強く下にタッチダウンすることです。修得することは、時間の問題になってくるかと思います。肝心なのは、ハードな練習内容にバテない。辞めたくなって諦めるといった精神力が練習と一緒に磨かれていきます。なので、基本的な練習では痛さや辛さは序の口と言えます。

練習も全ては勝つための準備

この後には、実践を踏まえた走りこみやキックアンドゴールといったメニューが待っていますから。
しんどいから嫌だというよりも、それを乗り越えてから自分はどうなっているのかをイメージすることが出来れば、希望が湧いてくるのではないでしょうか

You may also like...